FC2ブログ

◯△するなら、金をくれ。。。。。。。ですナ。

釈由美子2


相変わらずの行方知らず・場当たり的カラスの勝手国家です。
当然のごとく、
縦割り行政の自己中勝手行政に手なずけられた
インテリアコーディネーター。

哀れ。

アーキテクトとInteriorアーキテクトを明確にできたものが、
相変わらずの曖昧模糊として

複雑怪奇な世界を生み出し続けているんです。


TVは、見ない。

仕事のバックグランドで流れるときもあるが、
今回のオリンピックがその例である。
その番組の流れでそのまま「はなまるマーケット」なんてのが流れて、
たまたまゲストに釈由美子が出ていた。 

中から自宅のインテリが流れてきた。

中々のセンスである。

見終わった時に気になり、
芸能人ブログアメブロを覗いてみた。

番組の中で話していた
3ヶ月毎に、まるで引越しのように整理して捨てること。


ブログの中で、男前おばさんアラサー女剥き出しながら、
自分の体に合わせて、
きちんと、簡単に料理を作るっていること。

これが、色のバランスセンスもも良いですナ。


以前も話した、最大のクリエイティブ作業の料理。
作家の池波正太郎、井伏鱒二、開高健その他の大作家を見ればわかる。

そして、3ヶ月毎の大整理。


日本のインテリアコーディネーターが欧米の主婦の仕事と同じ程度と言われる原因です。


14,5年前に漫画誌グラビアで見た健康美そのものの釈由美子
2,3度以前見た私が理解不能のおじさん地蔵の天然ボケの釈由美子
この考えが、今回。一気に評価が変わり
オッサン応援団になり申した。チャチャッガンバ。釈由美子チャチャッとガンバ。
です。


話し戻し、

通産大臣認定インテリアコーディネーターになった時に

欧米のように、メーカーから直接商品を卸してもらい

お客様(ゲッ)に、コーディネーターの力量に合わせて値段を決めるシステムを考えるべきでしたよ。

定価で売るのか、90%で売るのか、75%で売るのか、

インテリアコーディネーターの身分・地位も確立できた時だったのに。

国家資格‥‥当然無理だから、

紙切れよりも、

システムも考えて、


う~~~ん、これ以上は虚しいから、言わない。

チャチャッガンバ。釈由美子。。。チャチャッとガンバ。

これでいこう。

釈由美子1


チャチャッガンバ。釈由美子。。。チャチャッとガンバ。





宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ

   

スポンサーサイト



釈由美子。アラサーの闘い

6月12日、
私の大好きな釈由美子が、誕生日を迎えました。


今年の春前から、学研の方から、
釈由美子業界デビュー15周年。
デビュー以来、5年間に渡りグラビアアイドルとして、数々のメディアに、
活躍をしていたのは、もう既にご存知と思います。

最近の、釈由美子オフィシャルブログにも、



これまで別に、

グラビア卒業宣言!なんぞや

仰々しくうたってたわけでは、
ごじゃりませんが 笑

歳を重ねて
あえて、水着になる必要性も感じず


卒業なのか、退学なのか?

自然と、足を洗いました

∑(-x-;)

(6月13日釈由美子オフィシャルブログより)


やっと、10年ぶりに、釈由美子グラビア写真集が、
学研より8月28日発売予定。
書店やAmazonでも予約が、始まっています。


20代のあのピチピチした若さの身体と、屈託のない笑顔から、

30代のしなやかな体へと。

たゆまぬ努力も、してきています。

仕事を離れれば、普通の女性としての悩みも。

いや、普通の人以上の悩みでした。

昨年の5月頃は、最悪に落ち込んでいました。


婚約破棄のマスコミ渦。
内緒ですが、マスゴミとの闘いですね。


ネットに流された、「アイコラ」問題。


ただでさえ、業界特有の足の引っ張り合い。
女性同士のこの問題は、普通の会社、社会でも同じですが、
実は、男同士のほうが、さらにコワイです。

地獄に落として、死まで追い求めます。
まだ、女同士のほうが、マシではありますが、人間のいやらしさです。

そのような中、
じっと耐え、
自分を見つめ、
蛹から、素敵な蝶に、今。来ています。

有酸素運動、フィットネス、週1回の古武道。初段まで、たどり着きました。

スタイルを管理し、

心を見つめて、業界の垢を少しづつ剥がして、

6月12日。
34歳の誕生日。

6月11日に、釈由美子10年ぶりのグラビア本の撮影のため、
タイ滞在。
少人数のスタッフに囲まれ、素敵な、サプライズパーティ。

6月12日、帰国。

12日0時。

釈由美子は、新しく、次の段階に行くために、

リフレッシュを。

唯、一人の人に、このように宣言。