FC2ブログ

川の字・・・復活

川の字
http://unya.seesaa.net/article/195118821.html




ひょんなことから、パギャルが出てきて、
平塚らいてうの言葉が出てきて、
家長制が喪失して、
おばあちゃんの知恵袋が、

簡単に流しすぎてるけど本当は大変なことです。

第2次世界対戦後(学校でチョピリと習った人が大半になったが)
住宅の合理化、近代化の目指していたのは、


食寝分離・就寝分離 の2つでした。


それ以前の生活は、ほとんどが布団をたたんで押し入れに仕舞った後に、
ちゃぶ台を出して食事をする。

寝る部屋と食事をする部屋をはっきりと分けよう。これが寝食分離。

これはダイニングキッチン・リビング・キッチンの普及によってかなり広まりました。

家事の合理化を重視する人たちが、食寝分離を主張。


一方の就寝分離。

以前は夫婦と子供が一緒に寝るのが一般的でした。

これでは夫婦の性生活も満足にできない。
子供は早くに親から離して自立性を持たせるべきである。

家族関係・精神面を重視する人たちが、就寝分離を主張。



終戦直後の応急住宅団地、戸山ハイツの寝方調査を見たことがあります。


子供が生まれると、子供を挟んで夫婦で寝る。いわゆる川の字。

子供が二人になると、
上の子または男の子と父親が一緒に寝る。
下の子または女の子と母親が一緒に寝る。

子供が3人以上になると、
上の子から順番に親から離れて子供同士で寝る。

末の子が、小学校入学の頃になると、
夫婦同士、子供同士で寝る。


この戸山ハイツの例だけでなく、関西でも日本全国で同じようなパターンと思います。


しかし、現在は、

就寝分離は叫ばれた頃から見て、最近の少子化で、これもまた、昔に帰っているように感じられる。  


少子化と高齢出産(これは深刻なことですので、おいそれとは私は書けない)
も関連があると思われる。


更に、さらに、この就寝分離と子供部屋が絡んでくるので、

難しい。


私は、このことでかなり悩みました。

子供に悪いことをしたのではないかといま、この年齢でも迷うのです。

細々と刻んだ空間が嫌な性格です。
自宅もほとんど間仕切りがない空間を作りました。


閉所恐怖症までは行かないけれども、とにかく目の前に壁が迫ってくるのは嫌いなのです。

空気が少なくなる酸欠になるのではないかとの恐怖かもしれない。

小さい時から塀の中だけは、あの小さな窓の場所に絶対に行かないと誓った。
他の人との軋轢の前に、自分対面で自分破壊しそうだから。

とにかく、自分の子供の育て方が良かったのか悪かったのか。


次回に。


先に、結論。

子ども部屋には、鍵をつけるな。

です。








宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。
↓↓↓



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



困ったら、どうする????

pig
http://www.takumi-pfs.com/



戦後の混乱期をすぎ、
高度成長に向かい
都市化が進み、


ステンレス流し台に象徴される「台所民主主義」は、
今まで親から受け継がれてきた生活技術の細部を伝授されなくなり、
その知識は極めて乏しく、
たとへ知識を与えられていても新しい環境では殆ど役に立たなかった。

と書きましたように、

生活の変遷に連れて親から伝えられない世代が、
子供を産み、

その子供たちが親の言葉を信じなくなり、

「おばあちゃんの知恵袋」のよう実際の祖母から教わったり、
雑誌から学んだり、

掃除のこと、料理のこと、家庭の医学のこと、いろいろと生活の知恵を。

そしていま、

その機会さえ無くなる代わりに、ネットが役割を担う。


「自宅で簡単にできるシャツとニットのプロ級メンテナンス」

「美の新常識!鍛えるべきは鎖骨と骨盤」

「洗濯が楽しくなる手軽で簡単なホームクリーニング」

「噂の整体グッズ「スカイボール」は男の下半身に効く」

「無料占いー四柱推命で占うバイオリズム」

「血液型 性格 相性 判断 当たりまっせ」

果ては
「ピグライフ~チェストの作り方~」


簡単すぎるくらいに情報が手に入る。


簡単に情報が手に入るので、短絡的にお金までも手に入ると錯覚してくる。  


ニュースでも諸刃の剣であるように、

             氾濫する情報もかなりやばいものが多い。


いま、若い人達にこの判断を教える何かがあればよいが。


家の中心を失くした生活空間。


団欒の言葉もなくしたリビング3点セット。




やはり、最初の個人主義の言葉の判断が間違っていたのでしょうか。








宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。
↓↓↓



人気ブログランキングへ

かみさん VS。  だんな=哀れにも負けたよ。

家長制度

「土間の先祖返り」で、女性は太陽である。
原始時代に様変わりをしているのが現代。

農家の話は前回。今回は都市の町家から見てみたい。



町家では土間は商取引の場所として使われてきたし、京都の町家では通り庭の土間が。

明治以後、官吏やサラリーマンの独立住宅では、
書院造の流れを組んでいたが、
屋内作業量が減ったので土間は狭くなって、台所として、
当然当時は薪炭で炊事、炉や流しの置かれる土間はまだかなりは広かった。

当然主婦の完全支配下である。

この土間は、台所と同時に勝手口であって、御用聞き・配達、その他の人々との

コミニュケーションの場でもあった。

そして、台所の半分は板の間。これは農家の板の間の使われ用を見ればわかると思う。


明治の都市住宅は、書院造であるから畳敷きが基本である。

もともと座敷は、主人より偉い人を接ぐために作られたものであるから、明治の住宅も
最も良い部屋は客間である。

玄関も、接客用であるから三畳・四畳半の間が付けられていた。


台所に続く茶の間はこれは主婦のもの。
残る居間は、これは家長の支配下であるが、家族全員のものである。


考えてみれば、家全体は俺のものであると威張って叫んだ家長が、

自分自身の空間を持っていなかった。



憐れ、残念至極。


そこで、家長は考える。

権力を行使できるのは、絶えず客人を招くことである。

家の中心部を占領して、大いに語り、大いに飲み、かつ食った。
家人の迷惑そっちのけで。


小説によく出てくる場面である。


そこで、家人の反撃が始まる。第1幕・・・・ジャジャーーーン。



明治末頃、ハイカラな家庭では、和風住宅に洋館をつけて、主人の書斎と接客用に。

ていよく、追い払われ隔離されたのです。wwwwww


大正時代になると、都市設備の普及と主婦の地位向上も含めて近代的台所が誕生した。

立式になり、土間は履物を脱ぐ狭い部分だけ残してすべて板の間になり、
台所の面積は約半分になった。
そして、書斎兼接客用洋館は、玄関脇にチョコンと応接間になった。



威張るしか能がない家長は、戦後、更に家長制度のつっかい棒が外されたので、


完全に没落。自分の空間すらなくなった。


虚し、日本の男よ。


そして、高度成長期を迎え、台所は更に狭くなり、家電品がのさばり始め、
母親からの伝えすら教えられずに来た。
そして、パギャルと言われる若者に伝えることすらできない。

そこで、出番が「おばあちゃんの知恵袋」
別冊宝島「おばあちゃんの知恵袋」 (別冊宝島 (1088))別冊宝島「おばあちゃんの知恵袋」 (別冊宝島 (1088))
(2004/11/25)
不明

商品詳細を見る

でも、母親は、太陽になったのです。


困り果てて、救いを求めたのが、どこの家にもガラス戸棚が置かれ、
土産物、人形が飾られ、玄関の下駄箱、ピアノの上、ありとあらゆる所に
お祝いとか記念品、土産など捨てたり、片づけたりできずにそのままに。

これは、考えてみれば原始時代のアミニズムそのものである。







宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ







土間先祖返りに、・・・戸惑いの主婦・・・・・・・

竪穴住居

個人主義を「自由勝手気儘なこと」と思い込んで、
現在の混乱を招いてしまった。

このことに胡散臭い感じを6感で嗅ぎ分け始めたのが、
かのパギャル

(正直に言います。
 この言葉は嫌いです。
 広告説得のための造語と思いますが、
 草食男子・パギャル・・・・なんとなくの感じです・・・・・)

振り返りながら今一度。

 「原始時代、女は太陽だった」 平塚らいてうの有名な言葉である。



原始時代の日本人は竪穴式住居。いわば土間だけの住宅に住んでいたのです。
火・水・かまどのアミニズムとともに暮らしていた。
母権制社会でした。
土間の神々を祀るのは主婦の勤めであり、一家の家長は女でした。


古代大和朝廷時代に貴族たちは高床式住居に、
律令制とともに家父長制が広まりました。

これが平安時代の寝殿造りに繋がりました。

畳が引き詰められた座敷が登場するのは近世の書院造りからと言われています。
これまでは、畳は寝具です。

京都御所清涼殿に昔のかみさんと宮内庁の許可で見学した時に、
やはり畳が公務空間昼御座(ひのおまし)
、夜御殿(よんのおとど)の空間構成に感動したのを覚えている。

そして空間を実際に見て平安期のあのお化粧も納得できたものである。
これは、樋口清之氏の話と合わせながら、又の機会に。

近代の明治時代以前が全てこのようになっていたわけではなく、
民俗学者宮本常一氏の研究でも述べられている。

日本の農家は、
竪穴式住居が土間に、
古代の寝殿造りが板の間に、
近世の書院造りが座敷に、
次々と時代の変遷で加えられて、今見るような住居の形になっている。


 「かかあ天下に、からっ風」 

と言われるように、近世中期以後までは土間が農家の大半を占め、
母権制度で家長が女性であった。特に中部以東の地域においては顕著であった。


男の家父長制が一時は主導権を取りながら、

現在になり、畳の上に絨毯を敷き、椅子、テーブルを置いて、
家中スリッパで歩く姿が多く見られてもいることは、

 家全体が、「土間の先祖返り」 


戦後の住宅設計の基本は、主婦の家事労働削減であり、家全体を主婦の作業場、

「土間としての設計」であり、アミニズムも復活してきている感じである。


土間としての住宅設計が流れを変え、

少なくても、女性は太陽である。少なくても現在は。


その結果が、果たして主婦にとって幸せでなく、


戸惑いで、あたふたしている状態ではないか。



この戸惑いの中で育てられた今の女性たちが、何かを求めて動いているようにも思える。

土間の先祖返りは、更に都市の町家の話からも考えていきたい。









宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ




パギャルが目覚め始めると・・・・・・面白くなる。

浜田ブリトニー
パギャル」浜田ブリトニー作




パギャルがいるそうです。から始まりましたが、
少しは安心をしています。

今の若者は、殆どの人が、
昔からうけ継がれてきた生活空間を教えられずに来た
母親に育てられて、

その母親も、
家電の進歩と流通の発達から出てくる冷凍技術によって、
様々な食品が普及して、日本の主婦の料理の展開は戦前の数倍にも増えてるのですが、

子供たちは反比例して驚くべき偏食に育てられています。


原因は何か。


子供が一人で食事をすることが増えたからではないか。

家族全員で食事をする場合には、
自分の嫌いなものを食べなくてはいけない。

確かに家族全員で食卓を囲んでも形だけで、基本は一人です。

一人だと好きなモノしか食べないし、

母親もそのようにしているのです。


ある調査を見てみると、
母親にしろ、兄弟にしろ、家族の誰かと一緒にした行動が極めて少なく、
兄弟とテレビの番組を一緒に見た程度であると出ていた。
かなり古いデータですが。


ヨーロッパもそうですし、日本も昔は、
食事の時間に遅れたら食べさせてもらえないものでした。

これは子供の栄養以前に、
こうでなくては家族のまとまり自体が成り立たないからです。


この問題は、


欧米の社会制度のすべての基礎に、個人主義を置いていることはご存知と思います。

これ以上分解できない「個」の概念。

日本の場合は「類づけられた」衆の概念。
です。


「類づけられた」考えの中に「個」の考えが取り入れたのですが、

個人主義とは、「エゴ」のことではないのですが、

日本人が「自由勝手気儘なこと」と、勝手に解釈をしたのです。



自分と同じように、

他人の個々の立場を尊重することが、

個人主義の本当のあり方であり、

この基礎の上に西欧社会の共存共栄体制が作られているのです。


「個」と「類づけられた」の考え方は同じと私は思う。


これが、「自由勝手気儘なこと」と解釈して、

個人の自由だとばかり、

企業エゴ、地域エゴ、そして個人エゴが蔓延して、現在の混乱を引き起こしていると思う。




この矛盾に、昭和最後年代、平成年代の若者たちが、暗中模索でありながら、

気づき始めてきてると、

若者言葉を聞きながら思うのです。



元永定正氏の言葉、


 「一寸先は光だ」   


この言葉を強く感じる。










宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ


台所とパギャルですって・・・・・・・よ

 パギャル
若者言葉を見ていると、
台所の歴史との関わりがありそうでもある。

公団住宅のDKに取り付けられ普及したステンレスのキッチン。

これ以前は、台所=主婦の場、女性の場として土間・板の間の
広いスペースを取り仕切っていた。

ステンレス流し台に象徴される「台所民主主義」は、
今まで親から受け継がれてきた生活技術の細部を伝授されなくなり、
その知識は極めて乏しく、
たとへ知識を与えられていても新しい環境では殆ど役に立たなかった。

「家事についての白紙状態」女性は、設備と道具の充実が
生活の充実と勘違いをしてしまった。

電気炊飯器は省力化の器具ではなく、
ご飯が間違い無く炊けることを保証してくれる道具に。

「台所民主主義」は一人の主婦が最も能率的に料理するために、
ということで、線的な作業動線を作り上げてしまった。

インテリアコーディネーター試験にも出てくるいわゆる作業動線。
効率はたしかに良いですが、見落としたのが、
なれない子供が手伝ったりすると、かえって邪魔になり、
向こうで勉強しなさい。と、母親であることを忘れ、
貴重なコミニュケーション機会を自ら放棄したんです。


その親達に育てられた今の若者です。


この問題は、ほんの一例ですが何度も取り上げていきたい問題でもあるのです。


この親たちに育てられて、孤食の生活にも慣らされた若い女性たち。

ここに、以前からきにしていたデーターが。

「パギャル消費」(日経BP社)
電通ギャルラボのデーターである。以下、抜粋。

2011年。18歳~34歳の女性アンケート結果で、
 
ギャルマインド持つ人は、7割以上存在しているそうだ。
「真ギャル」12,8%。「パギャル」55,5%。


人口ボリュームに当てはめると、
18歳~34歳までの女性1247万人(総務省統計局調べ、2009年10月1日時点)のうち、
「真ギャル」と「パギャル」を含めた「ギャル人口」は、845万人にもなるという。


 「ラブ」「デコ」「ガッツ」の3要素にそれぞれ10項目を設け、


3つの各要素で4項目以上・・・・・「真ギャル(真性ギャル)」、


3つの各要素の1項目以上・・・・・「パギャル(半端なギャル)」



【心(ラブ)】

 □ギャルを尊敬している
 □流行は自分で生み出す
 □ブログで恋愛を赤裸々に語る
 □トラウマ克服の話に共感できる
 □熱いハートで何だってできる
 □本音トークが好き
 □泣ける歌詞が好き
 □強い絆で結ばれた仲間がいる
 □地元が好き
 □祖父母を大切にする(した)


【技(デコ)】

 □渋谷109の服はかわいい
 □金髪に近い髪色をしていた
 □つけまつげを使う
 □キラキラ・デコデコ好き
 □ミニスカ・ショーパンで脚見せ
 □アイメイクが念入りだ
 □不細工も努力でかわいくなる
 □安い服をセンス良く見せる
 □雑誌でヘアスタイルやヘアアレンジをチェックする
 □絵文字やデコメを多様する


【体(ガッツ)】

 □周囲を笑わせる、驚かせる
 □毎年、花火・祭りで浴衣を着る
 □ドンキ、安売り店によく行く
 □食べ物・飲み物は安さと量で選ぶ
 □衝動買いをよくする
 □カラオケによく行く
 □男っぽい言葉遣いをする
 □男勝りで負けず嫌いだ
 □勉強はできないがかわいがられた
 □地元の友達とよく遊ぶ



これじゃ、誰もが入るよね。40代、50代でも。







宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ

アスパラとロールキャベツ君・・・・・・・・

アスパラ

しょんどい。しょんどい。この処の毎日。
久しぶりにメールが出来ブログが書けます。
やっと立ち上がり、調子がよいと安心をしてると突然へそ曲げて画面暗闇に。

まるでへそ曲げ昔のあいつみたい。

でも、

あいつは血の通った感情があるけど、目の前のこいつは0-1の感情だけである。
命令にはすべて反抗もせずに従うのは共通してるが、
あまりにも従順しすぎるあいつはややもすると仲間からうっとおしがられるが、

こいつはそれすらも反応せずに、最後は私がひれ伏すのみである。

という感じで、ここ何日も苦闘してきたが、とうとう諦めて、
こいつは、CIUへ送り込んだ。

そして、新しく臨時で来た「こいつ2号」は、昨日16時間も更新、更新で、
待つのに大変。

気晴らしに,ミニライオンワンコといつもの気まぐれ散歩。

高校生の話し言葉が面白く暫くワンコにかこつけて聴き耳たてながらついていく。
変なおっさん、怪しいおっさんには見えないように気をつけながら。

「あいつアスパラだよね」

「あいつロールキャベツだから」

「今日朝、与謝野るで、やンになっちゃうよ」



食べ物の話ではなさそうで、ますます変態おっさんらしく聴き耳たてながら。
何となく、輪郭が理解でき始めた。

そう、

哺乳網霊長目ヒト科ロールキャベツ
のことだよね。

以前少しふれたコラムニスト深澤真紀の造語「草食男子」のことだ。

中年おっさん的発想の味気ない言葉から、今の若い子の知的発想はすごい。
感心しまくり。与謝野るなんて、なんて素敵な発想であるのか。

中年おっさん発想・・・・・・orz

若者素敵発想・・・・・・・・美しきオブラード???



昔、人気絶頂期のユーミンが、変装して喫茶店で若者たちの会話に聞き耳たてて
あの名曲を生み出したと聞いた記憶がある。

どんどん進歩激しい若者から、もっと吸収をしなくてはいけないと、
PCを睨んで、まだまだ駄目だと、


・・・・orz  




宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ

ウイルス??PC  VS。  ダイエット。

ウイルス
http://13131313.com/archives/





この2日間、PCとの戦いに明け暮れている。

多分、コンピューターウイルスが原因かもしれない。
突然、画面が真っ黒。

汗。アセーーーー。汗。汗。

嘘だろう。まだ3年だよ。液晶が逝かれるわけがない。
電源スイッチ押して、再度入れ直しても直ぐに真っ黒だよーー。

そうだ「セーフモード」だ。F8キーだったよな。

嘘だろう。F2では動くんだよ。おかしい。

慌てて、メーカーのトラブルを解決する本。何処入れたんだ。
積み重ねた資料をひっくり返して。アセーーーー。アセーーーー。

そういえば、此の所、 「認識されないアイテムが、送信してください」で、何度も送信したけど。

どうなったのか。


昨日と今日のバックアップとらなくては。

あたふたあたふた。

最悪、新しいのを応急で買い替えなくてはいけないのか。

新しくしても外付けから、データーを。データーを。
クラウドにも上げてあるし。


ギャオーーーー。

夜中に一人で雄叫びをあげて。あたふたあたふた。



最悪。最悪こんなことも、あんなことも

頭の中は、パニック状態。パニック状態。

え~~~~~。


BIOSを、いじるウイルスがあると聞いたが、それなのか。

液晶画面は大丈夫だよ。

やはりウイルスか。そんなことはない。いやウイルスだ。

MACから、Windowsを主体切り替えて、3年。MACではウイルスなんてなかったのに。


此れ又。え~~~~~。ギャ~オーーーー。


疲れた。横になった。10分で気になり飛び起きた。

また、とっくむ。


え~~~~~。もう空が明るいよ。

何とか、やっと2日間の戦いで、
今、ブログをかき始めたが、何時またパニックに陥るのか、

焦る。焦る。



「取り越し苦労で、自分で自分を病ませてはいけない」


やはり、取り越し苦労は、自分を苦しめるよ。

取り越し苦労は、いけない。

この2日間の教訓。再度自分見直し。

頭脳使い過ぎると体重減るんだ。食欲は落ちていないのに。


うん、これ正にダイエットです。知能ダイエット。


あ~~~~。あ~~~~。










宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ





身近の、30代女性に危機が迫っていた。

文字色ストレス

11日都市の中心部の空洞化の話を簡単に書きました。

重い気分でのパーティが引き金なのか、此処に来て、

時々相談があって心の助言していた3人の30代前半の女性達。



一人目は、心療内科医の30歳の女医。

腹部の悪性腫瘍が見つかり手術。1ヶ月以上の入院。

医師の友達は何人もいますが、
心療内科医はあまり日本では陽が当たらない感じです。

いつも、無理をしないように色々と励ましてきましたが、
時には徹夜が多く、休みの日もほとんど取れない、過酷な状況でありながら、
金銭的にもそれほど恵まれない感じでしたが、好きな仕事だからと張り切っていたのです。



2人目は、父親の急逝により会社を引き継いで頑張ってきた女性経営者。

癌余命半年と言われ、重大なプロジェクトの目処を付けて
社長から退き、身体と相談しながら会社の仕事を一年半頑張ってきたのですが、

今回更に転移によりICU管理に。



3人目は、ベンチャー企業で会社を興して波に乗り始めた段階で、
酷いDVにあい、心を病ませていた女性経営者。


一人では夜の闇が怖くて外に出られない状況に追い込まれていたのですが、
相談に乗りながら、かなり立ち直りを見せて、
会社の業務を元気になったと思ったのですが、

身も心もボロボロに立ち直れなくなり、
母親が迎えに来て昨日故郷に。


3人共に第一声が

「まさか、自分がこんな風になるとは思いませんでした。‥‥‥悔しいです」

「こんなことになってしまってごめんなさい…。」

でした。


これから、内面を磨き蛹から蝶になる大切なときなのに、

医師である。経営者である。其々責任が重い仕事である。

自分の自覚のない所で、

知らないうちにストレスが溜まっていたのがかなりの原因と思う。


私も第一回の死の一歩手前(というのは過去3度は経験したものである)の胃潰瘍の時、
夜中に真っ黒な物をバケツにかなりの量を吐き出した。
呑気に、イカスミパスタ食べ過ぎたのがいけなかったんだ、こんな自覚しかなかった。

病院で検診して
「元気そうだから今のところ大丈夫であろう。でも、一度胃カメラ飲んでみる?」

ところがどっこい、胃壁に穴が開いてた。大噴火。

慌てて緊急手術・緊急入院。ゲッで。一ヶ月。

後から主治医が
「後1時間でダメだった。あのまま帰ってたら駅のホームでお陀仏だったよ」
でした。クシュン。

ストレスは痛みがないから怖い。

入院中、仕事の期日が迫ってたので、病床で仕事。
大名行列のお偉いセンセイが「胃潰瘍は、5分で簡単になるからね。」



彼女たちが、

ごく普通の会社の事務員であればこのようにならなったのかとは言い切れない。


人間、「籠に乗る人担ぐ人、はたまた草鞋を作る人」と言われるように、

なんらかの使命を持ってこの世に生を得ていると言われる。



今、彼女たちに、口を酸っぱくして話す言葉。


「取り越し苦労で、自分で自分を病ませてはいけない。」



取り越し苦労ほど、心を病ませることはないのです。


身体は医師に信頼して信じて任せ、心は自分で病ませないように管理するようにと



この時間も、デスクの前で祈りながら。








宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ

あたふた、1升汗。アセーーーー。お盆の恐怖。

高速道路運転
普段、高速道路で運転しない奴が高速乗ると事故る マジ迷惑なんですけど^^;
http://unkar.org/r/news/1241358238




お盆で帰郷の人たちが都市に帰り始めました。
この時期に、高速道路の運転恐怖です。

インター出口路線を走って出口に向かうとおもいきや、

ぎりぎりの所で、

突然、走行車線に入り込んできた。
もちろん方向指示器なんかつけるわけがない。

あたふた、ブレーキ踏むわ、お尻振らないようにハンドル切るわ。

クラクション鳴らす暇なんかないよ。

クラクション鳴らすときには、ぶつかって行く時だよ。

120キロなら鳴らすけど。その時には、覚悟警笛。
90キロでまだ良かったよ。

ドッと、1升汗、汗、汗、アセーーーー。一斗アセーーーー。
今日もまた恐怖のお盆。毎年恒例の恐怖お盆。

でござる。

車は、移動空間手段と考えている。

移動空間手段であるから最低限の機能を備えていれば良いと考える。

中には財産手段であると考えている人もいるけれども。

昔の大衆車と言われているものは、鉄板の厚さもあった。

確かに現在では耐衝撃性を考えながらぎりぎりの鉄板の厚さに。
昔に比べればぶつかった時には紙切れ同然くしゃくしゃで頼りはないが耐衝撃性は上がっている。

この問題よりも、
やはり自動車の運転も、我欲の塊日本人そのもので有りそうだ。

我関せず、ぶつかったらメーカーの車のせいにするのだろうね。きっと。

それとも、自分のことは棚に上げてこちらに食って掛かってくるのだろう。
それでも、不利となれば直ぐに刃物を振り回すのであろう。きっと。

いつからなのか。

日本人には他人を思いやる心を持っていたはずである。

自己犠牲とも言える奉仕の心を持っていたのではないか。


「結」が、だんだんと崩壊して来た時からかも知れない。

「結」が必ずしも良いとはいえない。

その地域の長が、田植えの時期になれば指示を出していく、

農耕民族の中でも特異な民族日本人である。

しかしそれ以上にお互いに助け合う心を小さい子供の時から身体で教えてきたと思う。

何度もこの問題に立ち返り、堂々巡りみたいであるが、
行ったり来たりしながら、書いて行きたい。

集団の和・自然共生⇒家族集団⇒分解不能の個。

考えていきたい。







宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ





バナナ。一房100円ですもの‥‥

冷凍車

終戦後、5年目のまだ混乱期の時に父が入院で一番食べたいと望んだもの、

バナナ。

母が、あらゆるところに手を回しても、
手に入らなかった。らしい。
ハッキリとは記憶にはない。

何年か前に、
戦争の時の慰問品に庭で飼っていた鶏の卵を
福井の山奥から東京の親戚の人に届けたとも聞いた。

当時は大切な栄養源でもあったみたいである。

いつもこの時期になると、普段にも増してバナナを食べたくなる。
良い時代になりました。

スーパーで一房100円です。

売れ残りで少し熟したのが嬉しいです。
それも100円で。

名高速道路はでき、東名高速道路がつながり、

それと同時に急速に技術が確立したのが、

冷凍技術


それまでは地産地食。または塩蔵品が主体でした。

この冷凍技術の発達で、
遠隔地の新鮮なものが手に入ります。

南半球の逆の生産品。
日本の裏側に当たる地域からも。

更に衛星による天候の管理・予測等
とどまる所がありません。

今、この文章をかきながら、
バナナ2本食べて小腹へり誤魔化しです。

でも寂しさもあります。

太陽のエネルギーを畑で一杯吸い込んだあのトマト。
なんとも言えない甘さ。
自然の気まぐれに翻弄されながらも美味しい甘さ。

最近この味がわからなくなりました。

玉子も昔のあの味はわからなくなりました。

たしかにたくさんお金を払えば、あの昔の味が味わえますが
とても毎日毎食は手がでません。

技術優先でなんとなくあの味を再現するのか。

自然の中で歪でも虫に噛られてもそのもの味を味わうのか。



私はやはり取り立ての野菜も、果物も、魚も食べたい。

お金の心配もなく。






宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ



高速道路が出来て、工場が来て、2軒長屋ができて‥‥

長屋門

凄まじい雷鳴と稲妻。
久々にまた映画のシーンと同じ光景。
シュトラウス2世作曲の作品があるが、アレよりも凄い。

PCを慌てて消してライトを消して呆然と綺麗な光線を眺めた。

我がミニライオンチワワは、此れまた平然といびきをかいているではないか。

お盆である。
この時期はあまり運転はしたくはないが、

(久しぶりに故郷に帰ってきた都会のナンバー。交通ルールは日本全国統一であるが、
 実は、各地域・風土によって微妙に違うのだ。
 側道から入る時の入り方、法定速度は守らなくてはいけないが
 逆に車の流れを妨げることがあるので、前の車に合わせなくてはいけない等
 通常に慣れて無意識の世界での運転をしていると、
 事故の可能性があるものである。)
  
少し夏風邪気味で行かれなかった両親のお墓の掃除に行った。

昔は、鄙びた農家が点在するありふれた農村地帯であった。

道路に面して農機具置き場の納戸を左右に配置し、

一間半の出入口。(写真は豪華すぎるんですが)

中庭を通り母屋に。多分内部は田の字構成の太平洋側地帯の建物であろう。


久しぶりにワンコとぶらぶら散歩をした。

高速道路が近くに作られ、

工場が進出し、物流工場が出来、

従業員が集まり、

農家の庭先、目の先の畑に2軒長屋を何棟も作り貸し出していた。

色々と観察していると、

今では2軒長屋、3軒長屋の内ほとんどが、1軒しか住んでいない。

外壁は、トタン波板がボロボロに錆びて、

住んでいない玄関ガラズ戸割れて、梱包テープで補修してある所が沢山見受けられた。

点在していた農家、
工場進出から2軒長屋。3軒長屋ができ、
空いた土地に戸建が出来、
ごちゃ混ぜ集落を作り出していた。


更に中層マンションがその隙間に割り込んで、

現在ではどこでも見受けられる日本の都市近郊の風景である。


ここから何が見えてくるのか。これからの生活空間。

ここを見ていると、


なんとなく低所得住宅群への移行期に見える。

今まで見られない新しいスラム化になるのかしら。
 







宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ

「政府広報・『お逝きなさい。』で、悪汗ベットリ。目が覚めた。

家庭菜園

都市中心部の空洞化。
欧米各地でも既に起きている問題です。

そして、
高額所得層住宅群。
低所得者層住宅群。

つい最近、私のブログに訪れた「自分で登記する会」
のブログ内容に気を取られました。

2012-4-23。少し日数は立っていますが、
ー国民の知らないところでこっそり77%大増税ー とありました。

概略転記させてもらいます。
以下。


こんにちは!
自分で登記をする会です。
今月から、『新築建物の所有権保存登記』を行う際に必要な登録免許税という税金が
こっそり値上げされました。

新聞社やテレビ局などの報道機関も気づいていないのか、

それとも報道をしないようにしているのか

報道されない理由はわかりませんが、
増税ですね!!

どのくらい増税されたかわかりますか?
木造のマイホームで、
なんと、2割~7割の大増税です!!

多くの消費者に関係する木造(居宅)の登録免許税がどのようになったのか紹介しますね。
※金額は1平方メートル単位です。

登録免許税は地域によって異なります。
札幌・東京・名古屋・大阪・福岡をみましょう!

札幌は、77%アップ!!
53,000円

94,000円

東京は26%アップ!
68,000円

86,000円

名古屋は49%アップ!
63,000円

94,000円

大阪は、26%アップ
67,000円

85,000円

福岡は、29%アップ
68,000円

88,000円

特に驚いたのは大阪の公衆浴場です。

48,000円

98,000円

なんと 204%アップ!
スーパー銭湯が儲かるから、儲かるところから取ろうとしているのでしょうか?!

以下、略。

つい先日も、
年金支給が始まった人が、

「年金貰える上に、元気だから介護保険料が年間何万もくれるんだって。
 何だかんだ言っても、国は良いよ。これだけ元気なら年金の上にくれるんだから・」



あ~~~~。

ぎゃ~~~。

あ~~~~。



「違うよ。年金から年間それだけ、国が持って行くんだよ。
 少ない年金から、更にそれだけ取られるんだよ。」



あ~~~~。

ぎゃ~~~。

あ~~~~。



もう既に、
かっこ良いガーディニングから、生存のための菜園に。
トマト、ナス、ピーマン、かぼちゃ、何でもありの生存のための庭作り。


衣ーー流行を追わなければ満ち足りている。

住ーー雨露しのげる場所は確保した。

食ーー此れは問題であるが、どうなるのか。最低限個体維持は可能か。


戦後、最悪の状況からでも、夢があった。
ドラム缶風呂に入っていても、生きる希望の笑顔があった。
今、なんとなく、
生活の基本の生活空間は、雨露しのげれば良い。何とか食べられれば良い。


昨日から、暗たんとして落ち込んだ。


今朝、

市役所の建物に、
      でっかい垂れ幕。


 『お逝きなさい。』

繁華街の交差点の、
でっかいTV画面に、

日本のユニット達の元気ハツラツ可愛い顔して、
 

「政府広報・『お逝きなさい。』」


あ~~~~。

ぎゃ~~~。

あ~~~~。



で、目が覚めた。お盆の悪夢だ。






宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ


 

都市の荒廃見てると、インテリアクソ食らえ!

公園の鳥

湿度でむせ返る中、
上半身裸の泥まみれの男が丸太のように寝ている。

カラスが何羽も周りを徘徊している。

そこかしこにゴミが散乱し、煙草の吸殻が地面に這いつくばる。

側の交番ではのんびりと仲間との談笑の姿が見える。

虚しく聳える薄汚れた現代彫刻。

娘と席があくまで時間潰した遊具が使用された痕跡もなく放置されていた。

以前書いた森繁久彌氏が愛した店の前の公園である。

その店も何年も前に主が失くなり次の業態が入っていたが、
かなりの広さの時間貸しパーキングに変わっていた。

歓楽街の入り口では15分100円がそこは1時間100円。
きっと此処にその内にホテルが建つのかもしれないがわからない。

公園の側にあった時々飲みに訪れたビルもパーキングに変わっていた。

都市の中心部、かっての歓楽街が今は殆どが東南アジア系看板に変わっている。

久しぶりに訪れたが、あまりの荒廃ぶりに、
何かの映画のワンシーンのように見えた。


最近気がないので訪れることがなく映像でしか見てないが、
欧米の荒廃した都市中心部のようである。

気になり以前そう40年にもなるが隠れ家として借りていた近くのアパートを見に行く。

都市の中心部でありながらぽつんと道路に面して2階建てのしもたやはまだあった。

その家の横に勝手口の木戸があり、そこの奥に2階建て4部屋のアパートがある。
裏に回ると飲食ビルが壊され駐車場で、其処から覗いた。

アパートはあった。

女性の下着が1枚侘しげに干してあったのでまだ住んでいる人がいるみたい。

また、脳裏につげ義春の「夏の思いで」「退屈な部屋」
あのアパートの情景がダブりながら浮かんだ。

こんな汚い所に部屋を借りていたのか、いや、もう40年も前である。
ぼろぼろであるのが当然だ。と、納得。

都市中心部の空洞化。
ビジネス街の移動。
それに依る飲食空間。

住民の所得格差がそのままに、
住宅の集団を創りだして行く感じである。


高所得者が集まる住宅地。

低所得者が集まる住宅地。


公園に暫く呆然としながら、
なんとなく、インテリア以前の都市の姿を考えなおさなくてはいけない。
そんな思いで。

近くの一流ホテルでの

30周年記念パーティに向かった気の重い日である。






宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ



田舎枯葉マークオッサンとチキンレース。流石にオッサン手強し。

チキンレース

うだるような相変わらずの暑さ。
用事で田舎道を走れば、
目の前に、側道から枯葉マーク軽自動車1台、のったりと滑りこんできた。

うだる暑さ、田舎道、枯葉マーク軽自動車。
のったりでも、まあ仕方なカンベ。


後ろからついて走る。30キロで。
ワンコ暑いので助手席の床でクーラーの風にあたりながらも落ち着かず。

でも、3分が限度。いくらなんでも田舎道でも、30キロでは。

すれ違った田舎のパトカーやり過ごしたから、
さあ、

このやろう。追いぬくぞ。枯葉マークメ。

白線またいで追い抜き体制に入った途端、
この枯葉マーク農家のオッサン軽自動車め、

急にスピード出し始めたではございませんか。
35,40,50,60キロ。

追い抜こうとするといくら田舎道でも対向車は来るよ。
追い抜こうとすると、スピード出す。
対向車が来るので引っ込むとスピード落とす。


意外といつもはウッットオシい信号がないもんだ。こんな時に限って。
15分で、バトルアホくさくて諦めた途端、
横道の農道に引っ込んだ。

あ~~~~。アホくさ。

これと同じです。
行政がやることは。

インテリアコーディネーターを通産省に押し込んだが、
建設省の建築士(1級、2級建築士。で、木造建築士は除くんです。何故か、大工の救済策だから)
が、インテリアコーディネーター試験になだれ込んだ。

すわていへんだ。

色々とスッタモンダで、建設省が今度は、インテリアプランナー制度を容認した。
まぁ、一種の黙認。

正式に認めたら、当時の建設省の課長級

(私は、ここまでは認めるね。部長以上になると、
 お昼のパーティ。午後の役所での休憩。夜のパーティだからね。仕事が。
 だから、コンパニオンがつきっきりにならないといけないのは、
 アル中で手が震えてるから。これあくまでも、大昔の光景だから、お断り。)

が、研究していた、アーキテクチャとインテリアアーキテクチュアの問題になるから。
既得権益があるんで、一筋縄ではいけない。


ここでも、日本のインテリアデザインの漂流が始まるんです。

この先は、もっとややこしく、建築士と建築家の問題になるので、
この際は、避ける。


どこまでも、迷走するチキンレースには変わりがない。 








宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ




情報鵜呑みは、鵜飼の鵜にはなれそうもない。

歯医者

昨夜は、歯の差し歯の処理で痛みがあり、あまり眠れない状態。
薬剤を入れたので痛む可能性があるとは、医師からは聞いていたので、
我慢。

おかげで、また、レスリングで明け方まで時間潰し。
良かったけれども。
少し時々ルールがわかんないけども、良かった。

歯の問題は、結構悩むよね。
ほとんどが自分の責任での問題ではあるが。

歯医者ほど私に言わせれば難しい。
今の前の歯医者は、
姉が何かで見た「日本の名医」の中から薦めてくれた。

3年通いながら次々となんだかんだ直されて、被せられて、

今回それが腐って。

見るも無残なり。

情報が蔓延すればするほど、何が正しいのかわからなくなる。

ニュースの情報操作の実体をバイトの時にさんざん見ていながら、
広告費を上手く使われたらますますわからなくなる。

特に医師の情報が、近所の人の評判では其々の感性なので判断できないし、
情報誌では広告の裏があるし、
現に先ほどの歯医者は、最近の広告を見ていると、
審美歯科の方向に切り替わっていた。
金儲けだったんだよ。
今頃悔やんでも仕方無し。


前の医師の時には、何度も「味が変わって、美味しく食べられない」訴えても、

「そんなの慣れるよ」の一言。

この言葉で、信用しなくなった。

歯を直すのに一番困るのが、
今までの舌が記憶している味が一気に変わることである。

まるで、砂を噛むようにも感じられた。
美味しく楽しんで食べていたものが、
視覚では理解しながらも、
味覚がついてこない。

いつも人には話す言葉に、

 「医師には体のことを任せ、心のマッサージは自分で、

 貴方は貴方。誰もが代われるものではない」
 
 と、

でも、です。
医師を好きになり信頼しなくてはいけないが、なかなか難しい。


味覚は人それぞれであるが、
味が変わらない上手い歯医者はいないかと、悩む。

前の歯医者の時には、味が変わって感じられて、
何を食べても味気なく、
単なる生存のための食事になった。

徐々に体重を落としてしまった。

歯だけは、歯だけは、後悔しないように。
つくづく思いを巡らす日々である。

お金が腐るほどあろうが、お金がその日暮らしの人であろうが、
時間が24時間しかないのと同じ、
食べる回数は決まっている。



美味しく楽しく食べたい。
恨めし、歯なり。








宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ




ハチ・ハチ。「笑いの日」でなく、歯の治療の日になった。wwww

マドンナ

立秋を過ぎ、昼間の焦げるような暑さから、
夕闇が迫れば涼しい風も出てきました。

まだまだ虫の音は聞かれないが、
例年のような熱帯夜が今年はないので助かる。

8・8。てっきり日本人の好きな祭日「笑いの日」になったのかと、
オリンピッボケ頭で
眼をこすりながらカレンダーを見たボケおっさん。

嫌だねえ。

これだから歯の治療で痛い目を今日も味わうのだ。

これもかなりの部分が、遺伝だよね。
多分60%は、両親からの遺伝かも。
そう、自分をごまかしてるんです。
歯間ブラシも、歯磨きの仕方も悪いんですから当然そうなるけれども。


いやいや、これは教育のせいで御座るぞと、

保険体育の時間に塩で力一杯磨きなさい。
磨けば歯が白くなります。
なんてこと。

歯茎でなく歯の表面ばかり磨いたせいであるなんて、
また、自分誤魔化してる。

親がカルシュウムを沢山取らないのと、
昔はたくさん子供を生んだのでカルシュウム不足に母親がなるんです。
という話も。

正しくはないとは思うが、
母親のカルシュウム不足ですきっ歯になるんだ。
そう言われたんだよね。昔は。

小学生の同級生のかなりいたんだ。
戦争前後の時代だから、
タモリもそうだし、
すきっ歯の人は個性的で強運で心優しく、とにかくセクシーだ!
フランスではすきっ歯は幸運なんだって。
マドンナみたいに。

私は気にして直したんだけど、幸運なら直さなければよかった。

調べたが、
遺伝だとか、母親のカルシュウム不足だとか、
出てこないんですよね。

でも、私は、こう睨んでる。

母親のカルシュウム不足ですきっ歯になるのだと。

もしそうなら、
今の子供達が可哀想だよ。
年取ってから出てくるんですよね。色々と。

レトルト食品もいいけど、
カップラーメンインスタントカップめんばかりでなく、
母親の手作りで
愛情のある食事を食べさせないと。


かふぇにゃんさんも、
昨日のコメントに書いてくれました。感謝。


マズくたっても愛情のこもった手作りの料理を


家族には食べさせて上げたいですよね・・・。


空腹と愛情にまさる調味料はない・・・・・・・ハズw







宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ



気候風土‥‥VS‥‥B級グルメ

B級グルメ
生まれ育った環境。
気候風土。

現在の言葉でいけば地産地消。その土地独特の料理形態も
父母から受ける先祖からの連綿と続く血の問題と同様に、
クリエイティブの重要な地位を占める。

好きな言葉ではないが、郷土料理。

更に好きではない言葉。
B級グルメ


ウィキペディアで調べれば、(抜粋)

フリーライターの田沢竜次が雑誌『angle』に連載した内容をもとに、
1985年に『東京グルメ通信 B級グルメの逆襲』(主婦と生活社)が刊行され、
また1986年から文春文庫ビジュアル版において
田沢もメインライターとして参加した『B級グルメ』シリーズが刊行された事から、
B級グルメ」という用語と概念は広がってきている。

贅沢でなく、安価で日常的に食される庶民的な飲食物のことである[1][2]。外食以外に
、家庭料理に該当する場合もある[3]。

とある。

更に混乱するのが、

これは郷土料理とは違って農山漁村とのつながりが薄く歴史も浅いため、
売り出しが容易な町おこしの材料として「ご当地グルメ」が用いられ、
その点では農山漁村の郷土料理百選と由来を異にする。


まず、理解できないが、
A級グルメは高価な食事のことなのか、
では、
一流ホテルの中華の店の餃子はA級グルメで、
ご当地グルメ餃子は何級?やはり、B級グルメなんだろう。

家庭料理に該当することもある。とは、
では、家庭独自の味の場合は、
D級グルメ。
嫌、嫌、H級グルメかナ。



くだくだ言っても締まらない。

一般家庭生活での食事が重要なんだと思う。


祖母から教わった母親の作った料理。
日本の狭い国土の中で四季があり、
その地域の味があり、各家庭の味があった。

東北地方、中部地方、中国地方、四国地方、九州地方、沖縄地方。
私の好きなものだけ上げたよ。


各家庭の味が喪失した話は以前にも書いた。
今家庭から姿をだんだん消して、
外食と言われる場でしか味わえ無くなっても来ている。

家庭の味の均一化と、
子供から取り上げた小刀での手の訓練。


総てといっても良い根源が此処にあると思う。

小刀を使わなくなり、
程度がわからない子供たち。

手を使わなくなった子供たちには、

クリエイティブ世界を説明するのが困難になり始めている。 





宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ

お盆を迎え、親子の血を考える。

親子ベア
生まれ育った気候風土。
其処から出てくる連綿とつながる血。

そして、9歳までの家庭での愛情を受けた生活。
これらはのことは自らが選べることではない。
が、

クリエイティブの仕事には欠かすことが出来ないことである。

昔遠イイ昔、そう1回目のご結婚の時、
両親、兄弟、親の兄弟の家系を調べる習慣が名古屋にはありました。
本人には当然、1週間調査会社の尾行がなんとなくついてた感じ。
遺伝的な血を考えてのことであろう。

人間の本能・子孫への親たちのよく言えば心遣い。悪く言えば‥‥。

それほど、血の問題は大きいみたいでもある。

私も母が大嫌いになったのは、2度めの結婚の時からである。

(1度目とか2度めとかややこしいが、
 心の離婚は何十回も数えるものである。
 世間では、浮気というがやはり、心の離婚だよね。へへへへ)

まあ、やはり世間でありがちな、嫁姑の闘いである。
早くに、夫をなくし子供に夫の面影をダブらせて行くので、
一番父親に似通っている私を選ばれても良い迷惑でもあった。

憎みながらも、
そのように何らかの力で仕組まれているのか、
最後は、介護をせざるをえなかった。

一番嫌って、そうなったら施設に入れると心に決めていながら、
色々とあるが、結局は、下の世話まで。
他の男の人のことは知らないが、
あれほどの衝撃は人生ここまで来てなかった。

そう、自分がこの世に出てきた場所の衝撃。

食事も食べれば気持ち悪くなり、
仕方なく朝から焼酎お湯割りでごまかす毎日。
分断睡眠。
憎みながら、憎みながら、それでも楽しみながらの介護でもあった。

兄弟の関係はある面分断できるが、
親との血の関係は、憎みながらも断ち切ることが出来ないものである。


最近、若くして親とのボタンの掛け違いで家を早くにでた人の話を聞いた。
ある人は、最近親からの連絡で会う機会があり、
会えば、未だ母親の中では、彼女の14歳のイメージしか無い。
それでも、親子。

ある人は、近くに住んでいながら拒否されている。
それでも親子。
存在されも消されていると嘆いていた人もいた。

でも、どこまでも親子の血だ。
私も、アレだけヘルパーたちの一心同体だと言われながらも、
介護に仕事も半分やめて精魂込めても、
一言も、有難うの言葉すらなく、
一から十まで指図をされていた。


でも、亡くなる1ヶ月前、
正月の幕の内が過ぎた時に、
デイサービスセンターに迎えに行った帰り、

車の中で一言。

「有難う。」

ポツリと、それのみ。



今。3年目のお盆を迎え、
約束の櫻の並木道を車椅子で連れて行かれなかった思いを引きずりながら。

憎んでも、親子の血なんだナ。






宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ

バストのでっかさ、岐阜・京都府いちばんなんだって。

8-5バスト
生まれ育った気候風土。
両親から受け継いだ連綿と続いている「血」
他人に対する気配り・気遣い。

気候風土。昔から色々と考えるが、

「エルシーラブコスメティック」

が面白い地図を作り上げていたのを発見。


47都道府県の女性(各都道府県50人、計2350人の女性)にバストについてアンケートを行い、
各都道府県の平均サイズを日本地図にしていた。

47都道府県の中でBカップの県が18、
Cカップの県が17存在していることが判明。

日本人の平均はB~Cカップ(約75%弱)

う~~~ん、そうなんだ。で、納得。???


地図を見ていると、
東日本は約半数がBカップ。西日本が約半数がCカップ。


ここから、メンテ・ケアを無視した独断と偏見。
だって、わたしゃわからない世界だからね。

岐阜県・京都府は平均Eカップではないか。

あくまでも平均であるのでなんとも言えないが、そうか。


気候風土で見ると、夏蒸し暑く、冬底冷えが厳しい地域である。

この夏蒸し暑く、冬底冷えが何らかの影響があるのかもしれない。

昔は、大きな湖の南側と北側でも微妙に建築様式が違い、生活様式が異なったものである。
その気候風土から、ひとつの基本的な共通性格があると思う。

例えば、近江商人、伊勢商人、堺商人、その他各地には独自の商人道も芽生えている。
やはりこれも、気候風土の中から捕まえていかなくてはいけないかもしれない。


空間認識能力は、色々の要因から起きてくるので、
どうなんだろうか。

バストのサイズで決め手はいけないが、夏の胸の谷間に眩んだ。
やはり死ぬまで欲望は捨てきれぬ私でごんず。






宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ

アメーバピグ言葉。こまわり君イエローカードご降臨です。

<土曜日特売ブログ>

時間が上手くタイミングが合うと、
楽しい庭先立ち話、無人島生活立ち話。
夜中に楽しむことがあるんでございますが、

話の流れで
「今日、家族でスーパー銭湯行ったら、豆粒の人見たよ。」
「うん???」「ウン。そうか」
「男も結構,ぽ××××‥

こまわり君イエローカードご降臨。
ゲッ、滝汗wwwwww

「住んでるところでも、今廃屋があるよ。」
「持ち主が入り口テナントの綺麗な女主人に振られて、カッとなってさ××‥

こまわり君イエローカードご降臨。

ゲッ、滝汗wwwwww


「昔の盆踊りは民俗学で消されてるけれども、おおらかで若者宿のようにせ××‥

こまわり君イエローカードご降臨。 

ゲッ、滝汗wwwwww

医学用語で:

こまわり君イエローカードご降臨。
ゲッ、滝汗wwwwww

医学用語が悲哀なんですよね。
ゲッ、滝汗wwwwww



神経を使います。

時に天の声、こまわり君イエローカードご降臨。

こまわり君レッドカードご降臨。

こまわり君ブラックカードご降臨。
ここまで行くんですかね。
こ××××***********wwwww


ぎゃあああ~~~~~ぎゃああぁぁぁぁぁぁぁあああああああ。wwwwww

慌てて消して、言葉探して、
ところで何話してたんだっけ。

ナイアガラ滝汗。ドーーーーーーーーーっ。


欲しいよ。


「絶滅危惧種言語使用可能辞典」

「民俗学俗語辞典方言拒否こまわり君ブラックカード辞典」

「生化学医学用語臓器可能言語辞典」

もっとあるけど、

ストレス溜まった。





宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ

好き嫌い関係なく、超えられるか釈由美子を。。

強調文文字色村野藤吾
村野藤吾・新高輪プリンスホテル最初のイメージスケッチ



職業柄、自分のスタイル維持はヤラざるをえないけれども、
有酸素運動・ストレッチ以上に感心するのは、
古武道。短期間で初段までいくのはこれまた凄いことである。

古武道は「心が空になった時、
     人間はいちばん強くなる。」
    「空の世界に入れば、
     空の世界のなかの驚くべき力が、
     ぐんぐん生命の中に溢れてくる」

ある面、私の精神的支えの天風哲学に合い通じる。

たゆまない鍛錬の中、自己を見つめること。
自分を律することの出来ない人は、既に何十年前からアメリカでの経営者の鉄則でもありました。
デブリは、自己管理を問われます。
では、ただ、痩せればよいかといえばそうではなくバランスの問題でもある。
かなりの問題を両親から受け継ぐ「血」の問題もあるだろう。

そして、
食物も植物性の野菜、果物、海藻、山菜を中心とした食物を自ら作り、食べていること。
食事全体の70%を植物性。残り30%を動物性肉、魚を目安にすること。


専門的にトレーニングしていない釈由美子のインテリア感覚を見ていて、
(此処でお断り*たまたま「はなまるマーケット」から発しているので、他の事例がわからないのです。
 きっと、もっと凄い人もいるとは思いますが、知らないし、知りたくもないのです)

生まれ育った環境。
両親の愛情から学ぶ、人への愛情・心遣い・気遣い。

残念ながら、これがかけている人は、クリエイティブインテリアコーディネーターは辞めた方がほうが良い。


インテリアコーディネーターの2時試験面接試験官を依頼さた時に、
厳しくその点を指摘もしてきました。

有る男性は、椅子に座るなりふんぞり返って大きく股を開き、「なんじゃ、おまえらは」の態度。
有る女性は、離婚して生活のためにインテリアコーディネーターが稼げるみたいだから勉強してきました。
なん人もの受験生が、多分マニュアルがあるのだろうけど同じ返答。
これじゃ、金太郎飴。

思い出していけば更にたくさん出てくるが、
試験が、最終全てではないのです。

私の好きな建築家の一人、村野藤吾氏。
知らないと思いますが、新高輪プリンスホテル。八ヶ岳美術館。箱根プリンスホテル。その他名作を沢山残しています。

凄い人ですので、私よりも詳しい人はたくさんいると思いますので、断片だけ少し。

とにかく、手を使うのです。
紅白歌合戦をも見ながらそのへんに紙切れにイメージを書いていくのです。
とにかく描くのです。
自分の無意識の世界と対話しながら。
90%の潜在意識。10%の顕在意識。

そのイメージを何度も何度も、何百枚も描くのです。

これをすることなく、カタログ切り抜き、これがインテリアコーディネーターデスと自慢するのは、

所詮、釈由美子をも超えられません。


そこにとどまるから、欧米の家庭の主婦の仕事ですと言われるんです。

嫌、それ以下ですよ。
 







宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ



◯△するなら、金をくれ。。。。。。。ですナ。

釈由美子2


相変わらずの行方知らず・場当たり的カラスの勝手国家です。
当然のごとく、
縦割り行政の自己中勝手行政に手なずけられた
インテリアコーディネーター。

哀れ。

アーキテクトとInteriorアーキテクトを明確にできたものが、
相変わらずの曖昧模糊として

複雑怪奇な世界を生み出し続けているんです。


TVは、見ない。

仕事のバックグランドで流れるときもあるが、
今回のオリンピックがその例である。
その番組の流れでそのまま「はなまるマーケット」なんてのが流れて、
たまたまゲストに釈由美子が出ていた。 

中から自宅のインテリが流れてきた。

中々のセンスである。

見終わった時に気になり、
芸能人ブログアメブロを覗いてみた。

番組の中で話していた
3ヶ月毎に、まるで引越しのように整理して捨てること。


ブログの中で、男前おばさんアラサー女剥き出しながら、
自分の体に合わせて、
きちんと、簡単に料理を作るっていること。

これが、色のバランスセンスもも良いですナ。


以前も話した、最大のクリエイティブ作業の料理。
作家の池波正太郎、井伏鱒二、開高健その他の大作家を見ればわかる。

そして、3ヶ月毎の大整理。


日本のインテリアコーディネーターが欧米の主婦の仕事と同じ程度と言われる原因です。


14,5年前に漫画誌グラビアで見た健康美そのものの釈由美子
2,3度以前見た私が理解不能のおじさん地蔵の天然ボケの釈由美子
この考えが、今回。一気に評価が変わり
オッサン応援団になり申した。チャチャッガンバ。釈由美子チャチャッとガンバ。
です。


話し戻し、

通産大臣認定インテリアコーディネーターになった時に

欧米のように、メーカーから直接商品を卸してもらい

お客様(ゲッ)に、コーディネーターの力量に合わせて値段を決めるシステムを考えるべきでしたよ。

定価で売るのか、90%で売るのか、75%で売るのか、

インテリアコーディネーターの身分・地位も確立できた時だったのに。

国家資格‥‥当然無理だから、

紙切れよりも、

システムも考えて、


う~~~ん、これ以上は虚しいから、言わない。

チャチャッガンバ。釈由美子。。。チャチャッとガンバ。

これでいこう。

釈由美子1


チャチャッガンバ。釈由美子。。。チャチャッとガンバ。





宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。腹の中に収めるのが大人の作法ですよ。「ケッ。あほくさ」を。
↓↓↓



人気ブログランキングへ

   

インテリアコーディネーター=こまわりくん死刑。歯がゆいねぇ。

こまわりくん死刑




既に30年、嫌もっと前から
これからはInteriorの時代が来るよ。

なんて、掛け声だけは、イッチョマエでしたが、
相変わらずの現状でございます。

デザイナーの結束力は無いのは当然だけど、

票に結びつかないからねえ。

票に結びつかなければ、ウンウン先生も、素知らぬ顔ですから。

そんなものです。


インテリアコーディネーターの時も、

結局は、メーカー販売員ですよね。体の良い。

何年目か忘れたけれども、
教科書も

技術編・販売編・・・2冊が出来たんですから。

これが、第1弾。。。。

当然、第2弾があるんですが、

文句垂れても、わたしゃ詮ないこと。

頑張れドンドン。頑張れドンドン。ちよじ。頑張れドンドン。
つげ義春。机叩くオッサンにはなれず、


当時から現在までも、

やはり、山上たつひこ大先生の出番ですよ。


あれくらい強烈・お下劣キャラでなくてはこの世は渡れませんよ。

う~~~ん、懐かしい。
手元に残された(人に貸すと大抵帰ってこないのが我が愛読書)
がきデカ3。

下品すぎるけどやはり、イケマンねん。

多分、いまここでタイトル書くと、即=死刑・削除だろうな。


さて、インテリアコーディネーターに戻り、

何かわからん資格(通産大臣認定)

お断りですが、現在、これも消されています。

よくわからんだらけ。

3年毎?5年毎?資格認定試験があったのですが、
これも、いつからか、貴方は初期からですので、再試験の必要はありませんで、
何処かへ消えてしまった。


この制度は、本当は必要なんです。

インテリアコーディネーターと言いましても

建築法規(建築基準法・消防法・電気ガスに関する法規)
都市計画法。借地・借家法。

ここまでは、建築士も同じですが、
この上に、
消費者保護基本法。
製品関連(消費生活用製品安全法。製造物責任法。家庭用品品質表示法。その他)
販売モラル(割賦販売法。訪問販売法。独占禁止法。民法)

書ききれないが、
ユニバーサルデザイン。(この中に、バリアフリーデザインが入るが間違えてるのが多い感じも)
スケルトンインフィル。

年々、変わっていくので、再試験は必要なんです。
今、あるのか知らないが、絶対に失くすべきでない問題なんです。

国家資格をとったら後は勝手に。
いつもこの国は、そうなんだから。

人身事故があると締め付ければ良い、カラスの勝手国家です。 









宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。
↓↓↓



人気ブログランキングへ