FC2ブログ

言の葉は「人格破壊」‥‥あかり、色も同じなり。

赤い部屋
http://bkknakame.exblog.jp/10001278/


言葉は、言霊。言葉によって、その人の人物破壊をさせます。

小沢一郎が最近の良い例です。
カレル・ヴァン・ウォルフレン著「誰が小沢一郎を殺すのか?」で、
現在の日本における小沢一郎に対して、世界的に類を見ないキャクターアサシネーション。
「人物破壊」
その人物の評価をあらゆる手を使い徹底的に破壊し、永久に抹殺する社会的暗殺。

私は、昔から小沢一郎が好きです。
妾が100人いようといいではないか。
コソコソ金儲けをしないで堂々と権力を使ってもいいのではないか。

本当の悪は、表舞台には顔を出さず、明治以来構築された影に隠れて、
情報操作をして人間の心を無限地獄に導いているのではないかです。

言葉と同じように、

光と色によっても、人物を永遠に葬ることが出来る。

男の浮気は習い性。仕方がないけど、空間が悪いのを気が付かない面があると思う。
毎日、生活の匂いのする見なれたフローリングの床、白っぽい壁空間。
天井にでんと構える1灯の隅々まで照らす影のないあかりを消して、
サイドテーブルランプをつけて、

はい!どうぞ。合体です。

毎回これでは、ウンザリもしません。
だから、男は、異次元の新しい空間を求めて、
これが、浮気の一端とも考えるのでありますよ。

昔、お金持ちから、早く資産手に入れるのに、
そのスペースを、赤の花がらクロス、
怪しげな赤色ライト。
オール、オール赤色でせめて、
赤玉ドラゴンボールが危険信号を発しても、きらり、ぎらりビーム光線で、
精魔導師は、お陀仏昇天。

負けたよーーー。はい、さよなら。パンパカパン。

唯、気をつけないと、極度に真っ赤な部屋に長時間閉じ込めらていると、
発狂をするそうです。
今度は、資産を狙う貴方が、はい。さよなら。パンパカパーーーン。

資産のない人には、これが駄目だから、次なる一手。

高度成長期のごとく馬車馬のようにこきつかい、
ストレス、ストレスに追い込み、やがて、癌です。
はお、お疲れさん。私しゃ、次なる獲物を求めていざ旅たたん。


赤い色やあかりは、血圧を高め、呼吸数を増やし、筋肉を緊張させます。

刺激に対して神経過敏の人は、赤色や暖色系に引きつけられ、
温和で粘着質の人は、ブルー色や寒色系に引きつけられます。

貴方の身の回りの場面で、流行っている店のカーペットの色、
ホテルの宴会場のカーペットの色、気がつけば、赤系ですよね。
お客の神経を過敏にして、適度の興奮状態で、回転率を上げるためでしょうね。

子ども部屋に、濃いピンク系、赤系は、落ち着かない色です。
結果は、お解りですよね。




宜しかったら、此方もお願い。でも、無理ですよね。忙しいくて、人のことなど構っていられないから。
宜しかったら、コメントも。
↓↓↓



人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)