FC2ブログ

ミニライオンワンコに連れられて、馬籠宿に。

8月31日。以前から是非にと言われていた馬籠宿に行っていました。

宿泊費はある人が面倒見て(住職と色々と話してきたらと)くれることと、
今日9月1日は父の61回目の命日であることと、
ミニライオンワンコが一緒でも良いとのこと。
これらが重なり、

馬籠宿永昌寺へ。

ミニライオンワンコ

馬籠宿は、30年近く前に姉の子供達を連れて行ったことがある場所。
木曽の雰囲気がすきで何度も訪れているが
馬籠宿は、遠イイ昔です。

永昌寺

島崎藤村のお墓があるのがこの永昌寺
由緒あるお寺で、今回は私一人とワンコと、
本殿と客殿をつなぐ太鼓橋、
右手に睡蓮の池を見て、
一番奥の2部屋続きの部屋に泊まる。




途中19号線で前が見えないくらいの大スコール。
久しぶりに運転緊張。
馬籠宿についた頃には、雨も止んでワンコと馬籠宿散策。

馬籠宿入り口


8月最後と金曜日で、訪れる人は少なく、
土産物屋には興味もなく、
木曽に訪れるときにはかならず買う地酒も今回は断酒宣告で涙をのんで、

馬籠宿


宿場街道建物も2度の大火でほとんどが消失してるので、
相変わらず木曽に来ると好きな水車、防火用の天水桶。
水車

防火用水



他の人と違うの感じで、
ワンコと宿場を離れて田舎道に、
馬籠宿水田


畑にも稲穂の水田にもありとあらゆるところに、
高圧電線が張り巡らされている。
この人里にもイノシシが降りてきていることにも驚く。
猿の被害も多いと聞く。

登山と同じようにきつい勾配の坂道に這いつくばる村落であるので
致し方がないのかもしれない。
家に帰ったら冷凍してあるイノシシで久しぶりのイノシシ汁を作ろう。
変なことを考えるもんだ。


温泉に浸かり、久々の精進料理。

ワンコは住職の奥さんの後をついて興奮しまくる。

村人が沢山本堂で打ち合わせ中もワンコは愛嬌振りまき、
みんなに可愛がられて、
私はひとりぽつねんとテーブルで本を読みながら。


明日は建物期待の妻籠宿へ。
これまた、久しぶりに対面するへぎ板やね。










宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。
↓↓↓



人気ブログランキングへ










関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)