FC2ブログ

モンローチェア=家族の哲学・・・結びつくのか。無理か。

おまけ・・オ・マ・ケ。こんなオフィスが人がいきいきして
業績が伸びるんだ。




昨日は、激しいデザインソファから、
突然、思い出の話になりました。

親鸞が仏門に入る時、
「明日ありと 思うこころのあだ桜
          夜半に嵐の 吹かぬものかは」

噛み締めなくてはいけない言葉です。


デザイナー*studio65「BOCCA SOFA」
我名=モンローチェア=

コメントで、やはり女性なんでしょうか。
ー唇だとセクシーというよりも
食べられそうでこわいです・・・ー

そう、私も多分、座れば居心地が悪いのかも。

妄想モヤモヤモンやモンや・・・

変なHビデオを思い出したりして。



でも、与えるインパクトは凄いです。
デザイン哲学が確りとしています。


そう、この哲学という言葉、
家族の哲学を見失った現代です。

人生の哲学を考える前に、

物理的・極めて短絡的な物質的欲求を優先させすぎてしまった。

その結果、

人生哲学があって経営哲学があるのに、
経営哲学がひとり歩きし、

個人主義と同じように我欲の塊のごとく間違えた解釈をする。


永昌寺境内


「無事とは、
 坐って半畳 寝て一畳
 要らぬ荷物は
 捨てることなり」

これは、馬籠宿・永昌寺境内の庭にかけられていた。

この言葉を意外と物質的に考える人が多いいが、

                  こころの問題です。


自分のイスを、無理しても作りなさい。
と、口を酸っぱくして書くのは、


自分の哲学を考えて欲しいからです。


夫の哲学主婦の哲学。そして、家族の哲学








宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。平身低頭。感謝でありがとう。

↓↓↓



人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)