FC2ブログ

「わかりました。がんばります」

10-6あれ
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im788652

天候が崩れるのか久しぶりに右膝が痛み少しびっこ引きながらの散歩でした。

怪我で古傷の右膝をかばうので、腰に負担が来るのと、

今日はいつものALL STARスニカーでないのも原因かもしれない。



私だけかもしれないが、

必ず怪我は体右側です。特に膝の怪我が多い。


小さい時に、刃物を投げられて膝のお皿の横のひどい怪我。

スキーでこれが原因で何度も捻挫をしたり、

膝裏をやはり、恥ずかして言えないが38針縫う怪我。

この時には、行きつけの外科医に感謝をしたものである。

かなり肉片を取り除いたが複雑な神経をうまく傷つけないでくれたので助かった。



長い付き合いの膝ですが、痛みが来ても相手にしないことにしています。


気に病んでいたら、それにとらわれてしまいます。

無理にそうするのでなく、

自然に自分の意識をほかに持っていかれたら、楽です。




その散歩の時、老夫婦が散歩していた。

ワンコが匂い嗅いてた時に聞こえた会話。



「あれは、きちんとしといたか」

「はい、あれは相手に」



???????
まるでスパイ映画の会話です。



メールでも、


「わかりました。がんばります。」



と何人もの人から同じように送られてきます。




「わかりました。」

「がんばります。」

いつもこの言葉に戸惑う。



何がわかったのか。


何に頑張るのか。



「あれ取って,持って来い」

あれって??


「風呂」

エッ、入るの?、沸かすの?。下着を準備するの?。


日本語って、考えてみれば曖昧模糊として、相手の気持を図りながら
行動しないといけないものであるのか。



官庁言葉も、これまた、また摩訶不思議である。

申請書類を作成するのに、官庁の課長級を定年後に雇わなくてはいけない。

天下りかな??


私の知ってる人は、定年後に3度も会社を変わった。

役に立つのです。官庁言葉は。



条文に、一行巧妙に書き込まれた言葉を読めば、恐ろしくなるものである。


日本語って、世界に誇るものであるが、


高度であるだけに、誤魔化される。










宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

でも、です。宜しかったら、コメントも。平身低頭。感謝でありがとう。

↓↓↓



人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)