FC2ブログ

拝啓、職人は、人を疑わないのです。経営者殿。

12-21居酒屋

子供は、褒めて、褒めて育てろと言います。

時には、男の子は、納得の行くようにして

殴ることも必要と言われます。


この所、私の可愛い娘のことで、

時間がなくて、気力もない状態ですが、

このことはもう少し後に、お伝えしたいと思います。


さて、大切に育てた子供が、

環境のせいで、間違うこともあります。

一度間違えれば、親が忙しさにかまけると、

更に、環境に巻き込まれて、

ワルが更に勉強すること無くてもワルになります。



最近はこのようなことがないことを願いながら、

ある話を書きます。


飲食店の仕事が完了して、

3ヶ月の手形の期日に親方が集金に伺ったのです。

訪れた先に、見知らぬ男が出てきたので、

集金のことを伝えましたが、

話が通じず、数時間のやり取りの後、



1通の書類でした。

そこには、経営者の譲渡書類です。


この男から、私が、店を買い取ったので、

集金はその男から取り立ててくれ。俺は関係ないから。



親方、信じられず、その夜、まんじりともせずに考えて、

朝一番に、付合いのあるその筋に捜索依頼。



実は、私も昔、付合いはありました。

以外に、多くの人が仕事の関係で繋がりがあることがありました。



そして、凄い情報網で、その男を見つけ出したのです。




なんと、ドヤ街で貸し布団格安レンタルのしけたものがあるだけの、

なんとも侘しい部屋で、縮こまっていた。


問いただせば、

「経歴もスーツも用意されて、名義貸しで10万で引き受けた」


身ぐるみ剥ぎようもなく、半分アル中のおっさんでは埒が明かず、



そのまま、工事代金数百万泣き寝入り。


そうなんです。

本当の経営者は、見知らぬあの男。

最初から、仕組まれていたんです。


その男にとっては、マジメなおっさん親方、手玉に取るのは簡単。ウシシシ状態。




工事に入る前に、8割工事代金払うやつなんていないし、やな世界です。

見た目で人は判断できないし、長く付き合ってたからと言って、とことん信用ができないし、




あ~~~。年末、まだ起きるんだろうな。










宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

宜しかったら、コメントも。              感謝でありがとう。

↓↓↓



人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)