FC2ブログ

インフルエンザさん、お友達になってください。

1-27インフルエンザ

この季節になると、時々妄想に襲われます。



インフルエンザの流行が始まっている模様です。

例年は学校に通っている子供から流行が始まるんですが、

今年は様相が変化し大人からの流行があるようです。」



よく相談している私の友達の医師から、メールが来ました。



そうです。   「インフルエンザ




子供の頃には、「風邪を引くのが嬉しかった。」と話す子が多かった。


それは、風邪を引いて、寝込んでると、

いつも、うるさい父親が、急に親切になって、

あの甘い桃の缶詰とか、当時貴重だったバナナを買ってきてくれたり、

母親が、お盆にお粥と梅干し乗っけて、

いつもガミガミ勉強しろとうるさいのが、

優しく「すこしはたべなくては、だめ」


中には、優しく熱いお粥をフーフーしながら、

(ハイ。アーン)食べさせてくれるんですと。



憧れる。本当に憧れる。憧れの「シーン」だ。




これが、無いんです。私メ。は。


風邪を引いたとしても、起き上がれないほど寝こむことのない寂しい体質。

風邪を引いたら、ひたすら寝るだけ。

特別親切な美味しいものを食べられたということもなし。

風邪を引いて寝込んでいても、「ご飯よ~っ」

そのまま、普通のご飯食べたんです。



風邪を引いて寝込んで、好きな女の子がいそいそ駆けつけてくれて、

お粥を作ってくれて、

りんごすり下ろして「あ~~~ん」

なんて、絶対なかった。



風邪利用は、

講義を頼まれた時に、なんとなく気分が乗らずに、

わざと咳き込んだ声で、


「風邪で、休講お願い出来ませんか」



なんて、かなり「せこい」事考える、セコイ人間だよね。




もう、この歳では、若い子が、

看病に来てくれるなんて、

天地ひっくり返っても、ありえない。





ということは、


インフルエンザとお友達になることは、


無謀なことなんだ。




気をつけよう。









宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

宜しかったら、コメントも。              感謝でありがとう。

↓↓↓



人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)