FC2ブログ

怖いんですよ、尾張商人。(2)

値切り2


値切り値切り

魚を3枚に下ろさせた後、又値切る。

立派な心構え!


ある家具店で、

娘を連れて、婚礼家具を買いに来た親子。

「私、店員の○○○さんの親戚の者だけど、

 社員価格で売って欲しい」


粘るんですね。

課長が、其の店員をこっそりと呼んで、

聞いたんです。

其の子は、頭フリフリ、母親に電話で聞いたんです。

母親も電話の向こうで、頭フリフリ、心当たりの親戚に電話。


帰ってきた言葉は、

「親戚の遠イイ親戚の○○さんみたいだけど、会ったこと無いから、分からない」


この言葉で行くと、「日本人皆親戚。日本人皆お友達」だね。



こんな人達に、揉まれてきた繊維街の店のおばさん。

目だけは、確かなんです。

前に書いたのが、車で、少し判断しながら、

コンペで出された作品チェック。


当時ではない設計だけど、どうしてもやりたいプランを、

おばさん施主が、私のプランを選んでくれたのです。


ものを見る目は、凄いものを持っているんですね。感で感じたみたい。




さて、何とか完成でオープン。


3ヶ月かからずで、工事代金回収出来たのです。





ところが、です。

設計料請求に訪れましたら、



「先生。この請求金額は支払います。


 でもねぇ。




(ほらきた。嫌な予感。ほらきた。何を言いたいんだろう。嫌だね、この感じ・・・)



 これからも、うちと付き合う気があるのなら、


 ここから、もっと引いてくれないですか?」















・・


「・・・・・・・・・・・・。。。。。。。。。。。。。」





「はい、わかりました。金額は、決めてください。」




これなんです。



とても、とても、私メ、勝てません。ハイ。









宜しかったら、此方もお願い。でも、忙しいから無理しないで。

宜しかったら、コメントも。              感謝でありがとう。

↓↓↓



人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)