FC2ブログ

犬山祭です。車山とからくりです。国宝犬山城と桜です。

犬山祭1
犬山祭3
犬山祭31
犬山祭33
犬山祭にワンコと。
毎年、最大の楽しみである。

満開の桜が、木曽川に咲き、犬山城へと続く。

桜は、例年よりも遅い感じである。

この木曽川沿いは、ワンコと時々散歩する。

仕事に疲れた時、むしゃくしゃする時。
壮大な、雲の流れの中の夕日が見たくなった時。

2ヶ月ぶりに、訪れた。

今日、4月7日は、試楽(しんがく)明日は、本楽(ほんがく)。

なんといっても、からくりが楽しみである。
各町内13台。これが楽しみです。

高山では、山車。一般でもこう呼ばれるが、此処は、車山(やま)と呼ぶ。

今日は、ワンコの道草と、すごい人ごみの中、ウロウロ動くので、
最後のほうしか見ることができなかった。

国宝犬山城も何度も登るが、此処も大好きである。

最近まで、個人成瀬家の所有であったが、現在は、財団法人になっている。
詳しくは知らないが、成瀬氏は、東大教授で、税金が払えなくなったようである。

以前、プランナー協会京都大会で、藤原定家を祖先に持つ和歌の名家である冷泉家冷泉為人氏の講演を聞いたが、
重文であるので、こけら葺の屋根に戻す時にも、金銭的にかなりの苦労をしたとのこと。

地方にある風土に合わない、環境を破壊している、箱物行政に、
お金を回すぐらいなら、もっと日本人の大切なものに、お金を回すべきである。


京町家にしてもしかりである。

何でも平均化して、相続税を取ればいいのでは、ないはずである。

やらずぶったぐり、からくり人形そのままの行政。

車山の2段目で、汗を流しながら一生懸命に、人形を操る人達が、どれほど美しいのか。
此処のからくり人形は、とても綺麗で、活き活きとしている。

やらずぶったぐりからくり人形は、無残。屍なり


4-7ワンコ








関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)