FC2ブログ

縁側。縁台。失くして、心温まる「おせっかい」

スピカー

ポカポカ、陽だまりの中、縁側で、通りががりの人とお茶のんで、
あれこれ、うわさ話で時を過ごす。

見かけなくなりました。

下町の、縁側が難しい住まいでは、
縁台を持ち出し、
ひなが一日、将棋指して、番茶飲んで、噂話で時を過ごす。

見かけなくなりました。

子供も、中年も、老人もうわさ話で、お互いを気遣って。

寂しく、見かけなくなりました。
wwwwwwwwww

今朝も、スピーカーから、
のんびりと、警察からの声が聞こえてきます。

「昨日、お伝えしました87歳の女性が、無事に見つかりました。ありがとうございます。」


そういえば、昨日、お昼頃に、行方不明のお知らせが、放送されてたが、
一晩、何処にいたのかしら。

農家の道具小屋の片隅に耕運機と一緒にいたのかしら、
公園のプレバブ公衆便所で、蹲っていいたのかしら、
未だ、夜は寒いし、昨夜は、雨が降っていたので。

殆ど、3日おきくらいに、放送が流れる。

「人間味が感じられない」
          と、言われている行政。


そこに責任求めるのでなく、
縁側、縁台の、中から生まれるお互いに思いやる地域社会の「和」の役割では。


心温まる「おせっかい」 


関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)