FC2ブログ

そーめん、一本一本数えて、大学教授なり。

soumen

以前、すごく仲がよく、私の応援団の中に、
国立大学の事務関係に務めていたお局様女性がいた。

ある日、彼女に興味があった大学院の研究室に連れて行って貰った。
医学部研究室独特といっていい、何とも言えない、匂いの部屋に。

其處で会ったのが、とても信じられない大学院生であった。
見ていると、一本一本そうめんを、数えながら、
軽量秤に乗せているのではないか。
而も、格好はかなりだらしがない身なりであるが、
真剣そのもの、凛とした眼光厳しき雰囲気。

「そうめん構造図と、人間のDNAに及ぼす、相関において」
「そうめんが、人間に与える体内組織変化及び、細胞作用」
「そうめんが、‥‥‥」wwwwwww

頭の中が、真っ白白、パニック第1段。
そうめんを、一本、一本丁寧に計りながら、
それも、そうめんは、もろく、折れやすいので、慎重丁寧に。

やおら、立ち上がり、沸かしておいたお湯の中に。
おおおおお、
「そうめんが、沸騰するお湯の中で踊る絡み具合と、DNAの絡み具合との相違」
「そうめんが、茹で上げ、胃の中での最適作用」

茹で上げ、水に晒し、
美味しそうに食べ始めるのではないか。

ゲゲゲげ、彼のお昼の食事ではないか。
パニック第2段。

一本一本丁寧に数えるのかあ。
いちいち、秤で重さを量るかあ。

医者の卵であっても、この状態であるから、研修後には、一体どんな医者になるのか。
博士課程を得て、研究員になり、大学教員=教授になるのかしらん。

今、問題になっている「大学院重点化」
1991年。
作ったはいいが、当時大学院在学者が、9万9千人が、
2011年には、約27万3千人。

遣りっ放し、垂れ流し放し。あーーーとは、知らんぷり。知らんぷり。
弁護士も、博士課程を終えた人も、勝手に、シーランプリプリ。
「雇止めは使い捨て」状態だって。
使い捨てカイロ。使い捨てコンタクト。使い捨て非常勤講師、使い捨て若手研究者。

教育費も、医学関係がずば抜けて高いのに、次が、デザイン関係なのも、これまた、
「恥ずかしながらの、横井庄一であります」です。

教育費が、莫大であるのだから、当然小さい頃から、以前書いたように、
天井の高い、立米空間で、大切に育てられて、
優秀な頭脳にしてもらったのに。

天井が、高い空間で育てられるのは、
大物になるのは、なんとなく、データがないと信じないバカ殿には理解できないが、
私の、頭脳明晰な第6感がそう、教えてくれる。

誰か、この問題を、研究する人はいないのかな。
まず、無理だけど。



宜しかったら、此方もお願い。
宜しかったら、コメントも。
↓↓↓


人気ブログランキングへ 




特典付きご招待状。お気軽にお申し込み下さい。ポチッ
 



関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)