FC2ブログ

おめざめは、雲海の上で。

雲海6-5.jpg

朝、気持よく目覚め、
好きな音楽が流れ、

ゆったりと珈琲を楽しむ。
目の前には、雲海が広がり、
地上の気候は、関係しなくて、素敵な時間を楽しむ。

私みたいな、高所恐怖症でも、
たまたまが、たまらなく痛みを覚える恐怖を感じなく、
まったりとした時間を過ごす。

たまらない一時です。現実可能な夢です。
でも、
こんな生活は、私には無理です。

前回話しました、京王プラザホテルの話。

1960年に入り、高度成長期を迎え、
東名高速道理が出来、新幹線が出来、
霞が関ビルから超高層ビルの時代を迎えていきます。

この時には、東大の地震研に、たった1台、真空管コンピュータがあったおかげだと聞きます。
アナログコンピュータです。この時には、約10畳くらいのスペースでした。
今、それ以上の性能でありなから、今。デスクの上にあります。

このおかげで、30年かかると言われた計算が早く出来たのです。

1968年から工事が始まり1971年、京王プラザホテル。

このあとに、新宿三井ビル。
敷地5000坪。75%が庭園。

都心に緑を持ち込んできたのが、
逆に、緑が喪失もしてきました。


一連の設計に携わった池田武邦氏が、
講演の中で語られたのですが、

雪雲で、地上階が判らず、外の音もない高層階50階の仕事場から、
仕事を終えて、薄着で地上階に降り立つと、
一面の雪で、寒さに震えたそうです。


暑からず、寒からずの、管理された人工環境の中で、
そこで暮らしていると、確かに快適です。
身体は、楽です。

果たして、
人間にとって、コントロールされた人工環境の中、
而も、外の自然環境の音が聞こえない空間。

いいのか、悪いのか。
貴方なら、何方を選ぶのですか。

快適な人工環境。

そのままの自然環境。
  




宜しかったら、此方もお願い。
宜しかったら、コメントも。
↓↓↓




人気ブログランキングへ



特典付きご招待状。お気軽にお申し込み下さい。ポチッ
 
せっかくです。日にちがないので、無料で、お得招待状もらっといたら。
FREE大好きな人が、増えているから。
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)